小山市 結城市の眼科 先進医療認定施設 白内障手術 網膜硝子体手術 涙道内視鏡手術 多焦点眼内レンズ

小山福澤眼科

眼科疾患 網膜剥離 飛蚊症

飛蚊症とは

投稿日:

飛蚊症飛蚊症とは

目の前を蚊が飛んでいるように見える症状を飛蚊症と言いますが、虫のように見えるとは限らず、模様や糸くず、雲のようなものが見えるなど、見え方は多様です。色については、透明なものから黒いものまでいろいろで、数は1個の場合もあれば複数のこともあります。目を動かすといっしょに動いて見えます。

飛蚊症は、硝子体(眼球内を満たす透明でゼリー状の組織)に何らかの原因で「濁り」が生じることで、その濁りの陰が網膜に映り、目の前に見えているような状態です。

多くの場合は生理的なもの(先天的、後部硝子体剥離など)で、そのまま放っておいても問題ありません。ただし網膜裂孔や網膜剥離の症状として現れることがありますので、飛蚊症の症状が気になったら、早めに眼科を受診することをお勧めします。

-眼科疾患, 網膜剥離, 飛蚊症

Copyright© 小山福澤眼科 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.