小山市 結城市の眼科 先進医療認定施設 白内障手術 網膜硝子体手術 涙道内視鏡手術 多焦点眼内レンズ

小山福澤眼科

「加齢黄斑変性」 一覧

加齢黄斑変性の治療

加齢黄斑変性の治療について 加齢黄斑変性の滲出型であれば治療を速やかに開始します。滲出型の治療法には、光線力学的療法(PDT)、抗VEGF療法があります。それぞれの治療法は、以下の通りです。 また、萎 ...

黄斑下血腫の治療 t-PA+ルセンティス+ガスの注射

黄斑下血腫 黄斑下血腫の原因はいくつかありますが、加齢黄斑変性が多いです。中でもPCVという種類の黄斑変性は網膜の下にポリープができるもので、破裂して黄斑下血腫を起こすことがあります。 治療 黄斑下血 ...

加齢黄斑変性の検査

検査 加齢黄斑変性が疑われる場合は、問診・診察後に、以下のような検査を必要に応じて行います。50歳を過ぎた方は、早期発見、早期治療という面からも一度検査を行うことをお勧めします。 視力検査 加齢黄斑変 ...

抗VEGF療法は心筋梗塞、脳梗塞の危険性を増大させない?

加齢黄斑変性に対する抗VEGF療法は2006年頃から開始されました。副作用として心筋梗塞、脳梗塞が指摘されています。 埼玉の病院にいた時に硝子体注射係をしていました。週15件を1年半くらい続けて、術後 ...

思川桜

加齢黄斑変性の症状

症状 滲出型 黄斑に新生血管ができます。そこから出血したり血液中の水分が染み出たりすると、その場所に関係する視野に異常が生じます。初期症状としては、見ようとする部分の直線がゆがんだり、真ん中が暗く見え ...

加齢黄斑変性

アレルギーには加齢黄斑変性の抑制効果がある

最近季節的に花粉症の患者さんが多いです。 中には一年中アレルギー症状のある方もいます。 スギ、イネ、ヨモギ、ブタクサなどは真冬でも花粉が少量飛んでいます。ハウスダストアレルギーの可能性も考えられます。 ...

加齢黄斑変性とは

加齢黄斑変性とは 物を見るのに最も重要な部分である黄斑(網膜の中心で直径約1.5mmの範囲)が、加齢などが原因で、傷んでしまいその働きに異常が起こり、視力が低下する疾患を加齢黄斑変性と言います。 危険 ...

Copyright© 小山福澤眼科 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.