小山市 結城市の眼科 先進医療認定施設 白内障手術 網膜硝子体手術 涙道内視鏡手術 多焦点眼内レンズ

小山福澤眼科

眼振 眼科疾患

病的眼振

投稿日:2018年7月3日 更新日:

眼振

病的眼振

黒内障性眼振(視性眼振ともいう)

小眼球、先天白内障、全色盲、眼白子症などに見られる眼振。振子眼振(急速相と緩徐相が無い振り子のような眼振)が多い。

先天眼振

乳児眼振

生後早期からみられる眼振。生後3ヶ月頃から発症し、最初は振子眼振、1歳頃から律動眼振(急速相と緩徐相のある眼振)となり、5歳頃までに静止位が確立され、それに合わせて異常頭位がみられる。動揺視の訴えは少ない。

先天周期性交代性眼振

眼振の固視位が周期性を持って左右に移動する。見やすい場所に合わせるために頭の向きを変える。

潜伏眼振(latent nystagmus)

普段は眼振が見られないが、視力検査などで片眼を遮蔽すると出る眼振。

眼振阻止症候群

片眼または両眼を内転させることにより、内斜視となることで眼振を減弱させる。

後天眼振

脳や前庭の障害で起こる。動揺視、めまい、複視を訴える。

-眼振, 眼科疾患
-,

Copyright© 小山福澤眼科 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.