小山市 結城市の眼科 先進医療認定施設 白内障手術 網膜硝子体手術 涙道内視鏡手術 多焦点眼内レンズ

小山福澤眼科

ドライアイ 眼科疾患

ドライアイとは

投稿日:

隅田公園

ドライアイとは

ドライアイは、涙の量が減少して眼球表面が乾燥してしまうことで、様々な不快症状が現れることがあります。

ドライアイは主に2つのタイプに分類されます。ひとつは、涙の分泌量が減少するタイプで、もうひとつは涙の蒸発が亢進するタイプです。

涙の蒸発が亢進するドライアイは近年患者が増える傾向にあります。原因としては、長時間にわたるパソコン作業や携帯電話の利用(VDT作業)、エアコンによる室内の乾燥、コンタクトレンズの長時間装用などが挙げられます。さらに、ビタミンAの欠乏や加齢といったことも原因として考えられます。

この2つのタイプ以外では、涙の分泌量が極端に減少し、重いドライアイの症状が起こるシェーグレン症候群(目や口などの粘膜が乾く自己免疫性の疾患)が原因となる場合もあります。

-ドライアイ, 眼科疾患
-

Copyright© 小山福澤眼科 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.