小山市 結城市の眼科 先進医療認定施設 白内障手術 網膜硝子体手術 涙道内視鏡手術 多焦点眼内レンズ

小山福澤眼科

ドライアイ 眼科疾患

ドライアイの検査

投稿日:2018年4月18日 更新日:

銚子

ドライアイの検査について

ドライアイかどうかを判断するには、問診や視診の後に以下のような検査を行います。検査の仕方はいくつかありますが、どの方法であっても比較的短時間で済み、痛みなどは伴いません。主な検査方法は以下の通りです。

シルマー試験

涙の量を調べる検査です。専用の細い濾紙(涙紙)を目の涙点上に挟んでまぶたを閉じ、5分間でどのくらいの長さ分の涙が染み込むかを調べます。

涙液層破壊時間(BUT:Break Up Time)検査

瞬きをせずに目を開けたままの状態で、涙の層がどのくらいの時間で壊れるかを、細隙灯(さいげきとう)顕微鏡で観察・測定します。

生体染色検査

目の表面の状態を検査するには、フルオレセイン(染色液)の点眼により眼球表面を染め、顕微鏡を使って調べます。角膜や結膜に傷や凹凸などがあると、その部分が染まって見えます。

-ドライアイ, 眼科疾患
-

Copyright© 小山福澤眼科 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.