小山市 結城市の眼科 白内障手術 網膜硝子体手術 涙道内視鏡手術 多焦点眼内レンズ

小山福澤眼科

「 硝子体注射 」 一覧

年明け初手術

昨日は年明け初手術でした。 硝子体注射、緑内障手術、白内障手術、硝子体手術、巨大霰粒腫切除、涙道内視鏡手術でした。 涙道内視鏡手術は、完全閉塞の方で、涙囊上方から閉塞していましたが、癒着を剥がしてうま ...

開院して1ヶ月経ちました。25営業日

霜が降りてます。 開院して1ヶ月経ちました。昨日は25営業日目で、午後は手術でした。 硝子体注射、白内障、涙道内視鏡手術をしました。 涙小管閉鎖の手術が難しかったです。まず閉じた涙点を切開して中に水を ...

血管新生緑内障が1回の治療でよくなりました

網膜中心静脈閉塞症 最近網膜中心静脈閉塞症の方が2人来ました。一人は切迫型で、一人は虚血型でした。 血管新生緑内障 虚血型の方は血管新生緑内障を起こしていました。虹彩の瞳孔縁に新生血管ができていて、隅 ...

加齢黄斑変性の治療

加齢黄斑変性の治療について 加齢黄斑変性の滲出型であれば治療を速やかに開始します。滲出型の治療法には、光線力学的療法(PDT)、抗VEGF療法があります。それぞれの治療法は、以下の通りです。 また、萎 ...

黄斑下血腫の治療 t-PA+ルセンティス+ガスの注射

黄斑下血腫 黄斑下血腫の原因はいくつかありますが、加齢黄斑変性が多いです。中でもPCVという種類の黄斑変性は網膜の下にポリープができるもので、破裂して黄斑下血腫を起こすことがあります。 治療 黄斑下血 ...

糖尿病性黄斑浮腫は脈絡膜が厚い方が硝子体注射の効果が高い

糖尿病黄斑浮腫の治療で抗VEGF抗体の硝子体注射をしますが、患者さんによって効く人と効かない人がいます。 網膜の下の脈絡膜の厚みが指標になるようです。 論文 脈絡膜厚は糖尿病性黄斑浮腫に対する抗VEG ...

Copyright© 小山福澤眼科 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.