小山市 結城市の眼科 先進医療認定施設 白内障手術 網膜硝子体手術 涙道内視鏡手術 多焦点眼内レンズ

小山福澤眼科

眼科疾患 網膜剥離

網膜裂孔、網膜剥離は早期の治療が必要です

投稿日:

網膜剥離

網膜裂孔

網膜裂孔は、硝子体によって引っ張られた網膜が裂け、穴が開く疾患です。このとき裂けた部分から塵が出て飛蚊症になることがあります。また、網膜を走る血管が破けて出血して視力が低下することもあります。

網膜剥離

網膜裂孔から網膜剥離に進展することがあります。この時、視野の一部に幕が下りているかのような見え方になります。網膜剥離は、網膜が剥がれることで、視野狭窄や視力低下を引き起こし、放置すれば失明の危険があります。網膜の中心部の黄斑が剥がれると、術後に視力低下や物が歪んで見える後遺症が残ってしまいます。網膜剥離は黄斑が剥がれる前に早期の手術が必要な緊急疾患です。

網膜剥離は近視の強い方に起こりやすいです。季節性も指摘されています。日差しの強い季節に多いという報告がありますので、これからの季節は要注意です。

-眼科疾患, 網膜剥離
-, ,

Copyright© 小山福澤眼科 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.