小山市 結城市の眼科 先進医療認定施設 白内障手術 網膜硝子体手術 涙道内視鏡手術 多焦点眼内レンズ

小山福澤眼科

眼科疾患 糖尿病性網膜症

糖尿病のレガシー効果の研究

投稿日:2018年3月8日 更新日:

イギリスで1977年から1997年まで英国前向き糖尿病研究UKPDSが行われました。新たに発症した2型糖尿病で血糖値を正常に近づけると合併症を抑制できるか検討されました。

新たに発症した糖尿病患者を、食事療法の後に薬物による血糖管理を行う強化療法群と食事療法のみの従来療法群に分け、合併症や死亡を検討した研究です。HbA1cの差が無くなっても、強化療法群では10年後も合併症が少なかったです。これをレガシー効果(legacy effect)といいます。
糖尿病の治療の開始は早いほどよいということで、早期治療の効果はレガシー効果(メタボリック・メモリー)として10年後まで残ります。

今の血糖管理が将来の合併症や死を防ぐと言えます。

-眼科疾患, 糖尿病性網膜症

Copyright© 小山福澤眼科 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.